三重県の土地探しと気候風土

三重県は北部と南部で気候風土が異なります。北部は木曽川と長良川の影響を受けやすく、湿度の高い風土です。南部は台風が通過しやすい地域で一年間の降水量も多いのですが、晴れればカラッと乾燥します。

三重県で注文住宅を新築するための土地を探すときは、湿度に注目しましょう。
三重県の北部は隣接する愛知県や岐阜県への交通アクセスが良好で、通勤や通学の利便性も高いです。湿気がちな風土なので、雨の日が続くとカビが発生しやすくなります。
注文住宅は国産の天然無垢材を使用して建築され、自然な湿度調整機能が働きますが、梅雨や長雨の時期は高い湿度が維持されてしまいます。
対策としては、壁材にシラスや珪藻土を活用すると効果的です。シラス壁は過剰な湿気を吸収し、乾燥してきたときに湿気を放出します。自然な湿度調整機能です。珪藻土も同様に自然な湿度調整機能が働きます。過剰な湿気を吸収してくれるので、壁がサラッとした状態で維持されますから、カビが発生しにくくなります。
三重県で新築する注文住宅は、湿気対策を考慮することで、格段に暮らしやすくなるのが特徴です。北部に対して南部では、温暖な気候ですから風通しを良く設計してもらうのがポイントです。
風通しを良くする工夫として、床下を高く施工すると良いでしょう。床下が高くなれば、床下の配線や配管のメンテナンスを行いやすくなります。床下が高いと湿気が床上まで影響しにくくなります。床下を高く施工するには、コンクリート基礎の設計もポイントになります。
土地の地盤を調査して、建物の床下が全面的に同一の耐震性能を備えられるように、必要に応じて地盤強化工事を行ってもらいましょう。
地盤強化工事では、金属の部品を減らし、砕石を多くするのがポイントです。砕石を多くすると排水性が高くなります。
三重県の南部は、晴れた日は乾燥しますが、短時間に大量の雨が降るのが特徴です。排水性を向上させれば、短時間の大雨でも適切に排水されやすくなります。
湿気対策は同じように見えても、三重県の北部では長時間の湿気対策であり、南部では短時間の排水性がポイントです。
注文住宅の工務店に土地探しを依頼すれば、現在の土地の現状を把握しながらも、将来的に長く快適に暮らし続けられるように改善すべき点を挙げてもらえます。改善点の多くは、気候風土に関連していますから、地域性を重視して営業している工務店は、気候風土を熟知しているので心強い存在です。

 

工務店向け集客ノウハウ生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科女性向けエステ.comマッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報SEOアクセスアップ相互リンク集貯蓄アフィリエイト相互リンクGetMoney女性の人生ショッピングカート心の童話健康マニアによる無病ライフ