未分類

思っていた以上に快適で住みやすい家を手にいれることができました

家を購入する際には、建売住宅か注文住宅にするか随分と悩みましたが、建売住宅だとすでに出来上がっているため、自分の思い通りの家を探すのは困難で、三重県の注文住宅にすることにしました。会社の人と何度も会って自分の希望を伝えていったのですが、その都度家への愛情が強くなり、早く出来上がらないかなあ、早く住めないかなあと首を長くして待っていた事を思い出しました。やはりこだわったのはキッチンでした。料理しやすい環境にするため、細部にもこだわって思い通りに仕上げてもらいました。食事の場所は多くの時間を費やすため、どこかほっとするような雰囲気を作りたかったのです。会社の人にはよくしてもらい、丁寧に対応してくれたので本当に助かりました。おかげで家族みんなが大変気に入り、あまり外出したがらないくらい居座っているくらいで思い切って注文住宅にしてよかったです。思っていた以上に快適で住みやすい家を手にいれることができ大変満足しています。

新築住宅と中古住宅の特徴について

住宅を購入する際に論争となるのが新築住宅にするか中古住宅にするかという点です。どちらが良いかというのははっきりと決めることができません。双方の特徴を理解して自分の希望に合ったほうを選ぶのがもっとも賢い買い方です。
三重の新築住宅は何といっても自分たちが初めて家の中に足を踏み入れるという中古住宅では味わえないステータスがあります。また、自分たちで壁紙の色や屋根の素材などすべてを決める注文住宅棟いう形態があるのも特徴です。
一方、中古住宅は確かにすでに誰かが住んでいるという条件はあるものの、同じ規模の物件を新築の物件に比べると大幅に安い価格で購入できるという特徴があります。
また、もし自分たちだけの家にしたいというのであれば安い物件を購入して内装を自分たちの希望する形にリフォームすればよいのです。そういった融通が利くというのも中古住宅の大きな特徴だといえます。また、物件の価値が下がりにくいというのも大きな特徴です。

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました

今年の5月に注文住宅で一軒家を建て、現在では快適に毎日を過ごしている者です。
マイホームを構えるというのは一生にそう何度もあるものではないので、
建築依頼先には熟慮を重ねました。

自宅から比較的近い住宅展示場に見学に行った際に見つけた
中堅ハウスメーカーが気に入り、昨年2月に契約。
建設予定の土地は区画整理の対象地域だったので、用意するのに時間がかかりましたが、
その間、色々な細かい打ち合わせをすることができて、とても満足のいく家を建てて下さいました。

棟上げ後、大工さんも素晴らしく良い方で、ほぼ毎日のように建築確認をしにお邪魔しましたが、
邪険にすることなく、私たちと優しく相対して下さいました。

家を建てた土地は駅からも徒歩圏内で、自営で働いていている職場にもかなり近いので
通勤は非常に楽です。また、コンビニやスーパー、学校や役場も近いので、
入居後も大変な思いをしていません。

家造りには性能も大事ですが、立地もとても大事ですね。
今ではこの土地で本当に良かったと実感しています。

新築住宅の管理と家具の扱いについて

新築住宅は建材や設備の劣化が無く、高い居住性を保つ環境で暮らすことが出来る利点があります。また、新築物件は間取りや設備が新しい規格に沿って使用されているので、多様な生活様式に対応できるのも大きなメリットです。生活を営む際に使用する家具の搬入や配置、使用に関しても利便性を追求した造りになっているので居心地の良さを保つことが可能です。住宅内での家具の扱いは汚れや損傷が生じないように気を配ることが大切です。近年では海外製の家具を個人で購入できるため、自分好みの居住空間を演出することが出来る一方、国内の規格に合わないサイズの製品も多いことから住宅への搬入や使用の際は注意が必要です。また、家具の材質によっては湿気や急激な温度変化の影響で変色や変形などの不具合に見舞われる可能性があることから事前の確認が不可欠です。新築住宅で快適に暮らすためには生活に必要な物品の選択を慎重に行い、長く使い続けることが出来る環境の維持に努めることが重要になります。

火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

注文住宅で家を建てている方は、ローンの関係で火災保険に入る必要があります。
そうしないと住宅ローンが組めない現状があるので避けては通れませんが、
家の建て方次第では火災保険が安くなる場合があります。
省令準耐火仕様の家屋にしたり、長期優良住宅の認可が下りれば、
『火事になりずらく、壊れづらい住宅』と認められるので、火災保険料が安くなります。
注文住宅の場合なら、建築前にそれらの希望を伝えれば、その仕様に準じて建ててくれますので、
火災保険契約時にそれを申し出ましょう。
省令準耐火のメリットはそこです。

ただし、火事になりづらく崩れづらい住宅=標準よりも更に頑丈に、工夫がある住宅ということなので、
やはり購入価格が高くなります。これが省令準耐火仕様のデメリットです。
通常よりも50~200万くらい高くなる可能性がありますので、今後支払う火災保険の代金と、
これら建築にかかる金額を天秤にかけてどちらがいいか、よく検討してみましょう。

注文住宅で土地を選ぶには

注文住宅で土地を選ぶには、まず生活環境を考慮して立地を選ぶことになります。通勤などの経絡から路線を決めて、駅からの距離などを考えます。利便性が高い場所ほど土地の価格は高いものですが、車を利用するのであれば駅からの距離はさほど気にする必要は無くなります。また、宅地開発された分譲地であれば、様々な立地となる場所からお気に入りの場所を選ぶことが可能となります。また区分けされた土地を購入する場合、建設する工務店が指定された土地であれば、相場よりも安く購入できるケースがあります。安く手に入れるのであればかなりお得となります。また、変形地や道路から奥まった土地は建設しにくいこともあって、割安で購入することができます。このような様々な条件の中から、予算に合わせて選ぶことになります。また設計と施工を行う工務店を選んでおけば、条件の良い所を紹介してくれることもあります。できる限り有利な条件で探すのであれば、このように業者を利用するのも1つの手段です。

新築の住宅に大工について

昨今における新築をされる際に考えるのは、どこに頼もうかという事が多いと思います。実際、一時期のマンションブームやハウスメーカーによる住宅の安売り志向などで、大工さんの総数は減り、あわせて施工者の高年齢化に歯止めがきかず、次の施工者を育てるにも継いでくれる若者が育たず、現状としても大工さんを探すのすら大変な世の中になってきました。昨今、少しずつですが日本家屋やオーダーメードの家を欲しがる若者や定年退職者が増えてきて依頼しようとしていますが、それを新築住宅として建てれる技術を持った大工さんがいないという事態が起こっています。見つかっても仕事が多すぎて、段取りすら立てられない状態が現状で、うまくいって数ヶ月先、遅ければ予約だけ受けていつ建てられるかわからない状況なので、良い大工さんをまず見つけておくことが最近の住宅事情では大切な事だと言われています。ハウスメーカーなら構造上組み立てられるので家は建ちます。しかし、先々の心配は保証と言う名前になってしまいます。10年保証なんてなるとその先は良く考えておかなければいけません。数十年は持ってもらわなければいけない住居です。よく考えて建てましょう。

家を建てるハウスメーカー、工務店を選ぶには

家を建てる場合は、ハウスメーカーと工務店のどちらにするかを選ぶ必要があります。注文住宅は自由な設計ができる点が良いところですが、一部のハウスメーカ-は、標準的なプランが決まっており、変更を加えると工事費が上昇するので注意が必要です。ハウスメーカーを選ぶ場合は、住宅展示場を見学するのが早道です。住宅展示場には多くのメーカーが出展しているので、見比べることができます。工務店は地元にあるわりに、探すのが大変です。人からの紹介や、不動産会社、設計事務所から紹介を受ける方法もあります。ハウスメーカーは、木造が得意な会社、軽量鉄骨のプレハブが得意な会社、パネル工法が得意な会社のどがあり、自分の好みに合う工法を得意とする会社を選ぶ必要があります。工務店は地元での評判を聞いて選ぶ必要があります。工務店の客観的な基準としては、建設業許可を受けているかどうかがあります。建設業許可を受けるためには、国又は都道府県の審査を通る必要があり、一定の水準が約束されています。

工務店で新築住宅を建てるメリット

新築住宅を建てるにはデザイナーに依頼する方法もありますし、大手のハウスメーカーに依頼するという方法もあります。しかし、地元の工務店に依頼することによって受けられる恩恵もあるのです。では一体、工務店で建てる家メリットとはどのようなものなのでしょうか。まずは、大幅にコストが抑えられるという点です。資材を原価に近い値段で仕入れることが出来るため叶うことです。次に、デザイナーやハウスメーカーとは異なり、住宅の仕様についての制限が少ないので狭い土地でも複雑な地形でも、家を建てることが可能です。家を建てる際の計画期間も比較的短めに設定しますので、仮住まいで長い間暮らすことも避けられます。自由度が高いのですね。また、工務店は銀行と提携しているところが多いので、ローンが組みやすいというのも魅力の一つです。最初から最後までの手続きを行ってくれる場合も多いので、細かい手続きを含む全てを任せられるという安心感があります。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

生命保険を解約することで、住宅ローンの借入額を増やすことができます。毎月1万円を節約するだけで、住宅ローン借入額がおよそ300万円増やせるという意見もあります。300万円も増やせれば、新築の家の選択肢がグッと広がりますね。
実は、本当に必要な生命保険というのは、1つもありません。ガン保険などは、タバコを吸わないのであれば、解約してしまったほうがよいです。住宅ローンを借りることで、団信の保障が新たに加わります。団信は住宅ローンを完済してしまえばなくなりますが、生命保険はなにも今加入しておかなければならないというわけでもありません。団信の保証が終わりそうなタイミングで新しい生命保険に加入しても、間に合います。その頃には社会も変わっていて、今よりももっとお得な保険が登場している可能性だってあります。何十年も後のことを考えるよりも、今希望の住宅ローンを組んで、希望の新築物件を購入することのほうが重要ではないでしょうか。