未分類

全館空調 後付けできるの?

最近流行している全館空調ですが、この空調システムを利用することにより部屋の中に限らず廊下なども均一の温度を保つことができます。これにより、どこの部屋にいっても同じような温度になりますのでヒートショックなどが起きる心配もありません。特に冬場のおふろなどは裸になるとかなり寒いと感じますが、全館空調システムを利用することでその問題点を避けることができるようになります。このように、たくさんのメリットがある全館空調システムですが、もし住宅の設計の段階で考えていなかった場合後付けすることができるかが問題です。
これに関しては、問題なく後づけをすることができるでしょう。後付けする場合には、天井裏から配管をする必要がありますので手間がかかってしまいます。手間がかかる分だけ料金が増えると思って間違いありません。実際にどれぐらいの料金になるかは、業者によって異なりますがおおむね300万円ぐらいかかると考えておけば間違いないです。

家づくりは早め早めが成功のカギ

土地探しは、時間に余裕をもって、家に興味がない時期から始めるのが理想です。
家を建てたくなってから土地を探すと、早く新しい家に住みたいとか、待ちきれないとかいう気持ちが焦りにつながり、つい妥協してしまいがちです。一生かどうかはわかりませんが、かなり長い期間住む土地になるので、ここは妥協せず探すことをおすすめします。

家に興味がない時期から土地を探すと、メリットがもう一つあります。資金計画がしっかり作れることです。
早めに始めるということは、早めにローンが組めるということで、返済があとあと楽になります。25年より、30年の方が、同じ金額を借りても月々の返済額が少なくなります。

もし、今後家を建てたいという気持ちがあるなら、早めの土地探しと資金計画を意識して動いてみましょう。まだ早すぎると思っていても、いずれはと思うなら、早めに動いて損はありません。
時間をかけてゆっくり土地を吟味して、しっかりと返済のできる資金計画を立てましょう。

新築における土地探しの注意点

新築において土地探しをする場合、色んな要素で土地を探す必要があります。まずは、駅からのアクセスや、職場からの通勤距離などを考える必要があります。学生の場合には通学をすることも考えて、土地選びをする必要があります。土地を選ぶ際には、こういったアクセスの良さをしっかりと調べておく必要があり、生活の利便性を考えましょう。

新築時の土地探しの方法について

“土地を取得して新築の一戸建てを建てる場合、その土地探しの方法には色々と考えられます。大手のデベロッパーが大規模開発を行っている土地なら、ネットで地域と住宅地販売等のキーワードを入力して検索すれば知る事が可能でしょう。
しかし、こうした新たな大規模開発ではなく、従来からの市街地での小規模な再開発やミニ開発の土地を探す場合には、こうしたネット検索では中々ヒットしない事が少なくありません。
しかし子供が転校を嫌がったり、慣れ親しんだ地域に住み続けたいと考え、こうした小規模な再開発やミニ開発の土地を希望するケースは少なくないのです。
そんな場合の土地探しとしては、地元の不動産会社で新築予定の住宅を探す方法や新聞折り込みチラシを参考にするのが現実的な方法です。
こうしたミニ開発のケースでは建売住宅が多く、自由設計で家を建てたい場合には、不動産会社で情報を得て、建築前に自由設計を織り込んでもらう方法がベターです。
私が土地探しを行い、新居を造った場合は正にこのケースでした。5軒ほどの建売住宅の新聞折り込みチラシが入っており、現地に行くと、まだ1軒目と2軒目の建築が始まった所でした。
販売元を訪れ、自由設計での住宅建築を打診すると、設計士やいくつかの条件はありましたが、建売の間取り等から相当変更した自由設計で住宅を建てる事が出来ました。
こうした方法も1つの方法です。近場で土地を探されている方の参考になればと思います。”

外断熱リフォームとはどのような工事なのか

ひとくちにリフォームとはいっても、さまざまな工法があります。
一般的に施工されるものとしては、マイホームの壁の内側に断熱材を入れる、いわゆる内断熱というものがありますが、
外断熱リフォームの場合には、これとは逆に、建物の外側を断熱材でおおうようなイメージとなります。
すなわち、建物の外壁や屋根といった外側の部分に断熱材を入れて、その外側に仕上げ材の施工をするというかたちになります。
建物の基礎部分についても、通常は同様に外側に断熱材が入りますが、換気の関係から例外となる場合もあります。
このように、外断熱リフォームは建物の外側がメインとなるため、
柱や筋交いなどがじゃまになって断熱材を効率的に入れることができなかった従来のような内断熱とは違い、
きっちりと断熱材を施工することができるというメリットがあります。
また、内断熱では部屋の内側に結露が生じやすいという欠点がありましたが、外断熱リフォームではそうした現象も克服することができるのです。

新築のデザイン住宅について

多くのサラリーマンにとって、三重県の新築の住宅を手に入れることは夢のひとつです。住宅を購入するということは、決して安い買い物ではないので、出来る限りこだわりのマイホームにしたいです。街中で時々とてもオシャレな住宅を見かけることがあります。そういった建物はデザイン住宅と呼ばれるものです。一般的な建物と違い、個性溢れるまさにマイホームといったデザインのものが多いです。デザイン住宅は外装のこだわりだけならず、内装も非常に凝ったオシャレなものが多いです。昨今ではデザイン住宅のニーズが高まってきていて、様々な施工会社が対応してくれます。ほとんどオーダーメイドみたいなものになりますので、こちらのイメージする通りの建物を作ってもらえるのでまさにマイホームを手に入れることができます。また、いらない機能などを省いたりすることもできるので、そういったところでコストの削減をすることもできトータルでみたら一般的な住宅より安く建てることができる場合があります。

住宅を新築するか建替を行わないか

住宅も40年から50年も経つと劣化してきて、立替を行うかそれともリフォームやリノベーションで済ますべきか迷うことが有ります。まず建替える場合には解体費用も多くかかり、仮住まいをどこで行うかとか新築住宅が完成したら引越し費用もかかります。その他に税金や登記費用等要り用なお金もかかってきます。もし建築されたのが1981年の新耐震と呼ばれる新しい耐震基準以前に建てられていた場合には、建物回りをチェックして外壁や基礎回りに亀裂が入っているようでは心配にもなります。ただ現在の基準に適合するように補強することは可能で、その方法も一般に知られています。その判断が出来ない場合には耐震診断を受けるという方法もあります。これで耐震補強を行ってその先三重県でのリフォームやリノベーションを行って耐用年数も伸びるとすると、新築で建替えるよりも建設費用は安上がりになるということが有ります。しかしその額が余りに高く、しかもこれから先長くは住めない場合には取り壊した方がましということにもなります。両方の費用を比較したり、方針によって選択することになりそうです。

新築の住宅建てる際には地盤を確認すべき

新築住宅を建てる際には、どうしても家の素材やデザインに目がいってしまいがちですが、家を建てる地域がどのような地盤であるかということも非常に重要なのです。地盤は家の基礎となる部分ですので、しっかりしていなければいけません。コンクリートで覆われていて分からなくなっている部分もありますが、昔の地図地名なども参考にしながら、より強固な土地を選ぶと良いでしょう。もちろん専門の業者に地盤調査の依頼をすることも可能ですので、土地を購入する前にきちんと地盤を確認すると良いですね。たとえば、湿地帯であったり埋め立て地であったりすると、土の奥まで基礎を埋める必要があるので余計費用がかかってしまう恐れがあります。また、ごみ処理場だった土地や工場があった土地などは微量な有害物質が含まれている危険性があるのです。このようなことから考えても、安心して生活を送るためには、土地の強固さと安全性は必ず確かめなくてはいけません。

色々なモデルハウスなどを参考にして欲しいです。

最近は建て売りよりも、自分に合った家づくりが人気です。やはり住宅は、一生の中でも最初で最後の買い物になる可能性が高く、自分の好みや家族計画などを考えて、長く住める三重の新築住宅が欲しくなります。家づくりの進め方は、まずは多くのモデルハウスなどを見学して、最近の家づくりの傾向や最新の技術から重要視されている構造などを、参考にする必要があります。少し前までなら外観やインテリアなどが注目されていましたが、最近は耐熱性な耐震性などの快適で安全に住める部分なども注目されています。壁紙や床材などを決める際も、写真などではなく、実際に使用するサンプルなどを自分の目で見て決めることが大切です。一般的に、オリジナリティのある家には、費用的にも割高になる傾向があり、こだわる部分と妥協する部分のバランスを取りながら進めて行く必要があります。家づくりの進め方の中でも最も大切なのが、専門家の業者選びになります。施工経験が豊富で、様々なアイディアもあり、総合的な資金計画などもしっかりと相談が出来る業者を、選ぶことはとても大切です。

後からでは遅い。暑さ対策、しっかり考えよう

住宅の新築をお考え中の方。どんな間取りにしようか、収納スペースをたっぷり取りたい、子供たちが大きくなったら仕切りを増やして部屋を増やせるようにしたい、大きな窓にウッドデッキのおしゃれな家にしたい、なんて夢は膨らむばかりです。そんな中住宅エコポイントの導入によって注目されているのが、暑さ対策です。熱を通しにくい外壁塗料などもありますが、ほとんどは、断熱材を壁の中に埋め込む内断熱か、柱などの構造材の外側をくるむ外断熱が主流です。つまり、家を建てる際に導入しておかなければ、後からではそう簡単には断熱住宅にすることはできないのです。地球温暖化のせいか、ますます暑くなりつつある今日この頃。明るい素敵なリビングには憧れますが、実際住んでみたら、暑すぎてエアコンも効きやしない。なんて後悔しないよう、建てる前からしっかり暑さ対策も考えておいた方がよいでしょう。最近では二重構造や特殊コーティングのガラスで窓の暑さ対策もできますので、暑さ対策しつつ、理想の家を建てられるよう、まずは建築業者に相談をしてみましょう。